1. ホーム
  2. インターネット回線の比較

ついにADSL終了!?サービス廃止の詳しい時期や旬の乗換え先を教えます!

ADSLサービス終了・廃止について

NTTが提供するフレッツADSLが、2023年1月31日サービスを終了します。

サービスの終了時期は、NTT東日本・NTT西日本のどちらも同じとなるため、サービス廃止となるまでにADSL利用者は、他サービスへの乗り換えを検討しなければなりません。

また、ADSLの終了に伴い悪質な勧誘も増えてきます。電話や訪問の営業マンに言われるがまま乗り換えをし、後々トラブルになるケースも少なくありません。

このページでは廃止後の乗り換えの注意点や、ADSL各社の終了時期、オススメのネット回線などについて紹介します。

いつ終わる?各社ADSL回線の終了時期について

ADSLのサービス終了記事について

ADSLは、ブロードバンドサービスの元祖とも呼ばれるサービスです。

ADSLが提供される前は、インターネットが使い放題ではなかったり、現在のような高速通信は出来なかったため、インターネットの利便性が広まりにくい状況でした。

しかし、『通信速度が速い!』『ネットが使い放題』というADSLの登場によって、インターネットの利便性が大きく広まったのです。

結果的に、光回線など現在主流のネット回線が提供される前までは、通信サービスの主流として存在していました。

ADSL回線を大きく分けると3つのサービスに分類され、サービス終了の時期もバラバラです。

  • フレッツADSL (NTT)
  • yahoo!BB ADSL
  • アッカADSL

各ADSL回線の終了時期を解説します!

【終了時期】フレッツADSL編

ADSLのサービス終了時期

上記でも解説しましたが、フレッツADSLはNTT東日本・西日本が提供しています。

ADSL回線は、NTT固定電話(※アナログ電話)を使っていれば、モデムを取り付けるだけで利用できたため、フレッツADSLはNTTの固定電話の契約者に普及しました。

フレッツADSLの終了時期は2023年1月31日となり、これはNTT東日本・西日本のどちらも共通です。

また、2021年4月1日以降にフレッツ光が開通するエリアでは、まだ新規受付をしていますが、それ以外のエリアでは既に新規受付も終了しています。

【終了時期】ソフトバンク Yahoo!BB ADSL編

Yahoo!BB ADSLの終了時期

ADSLの普及に幅広く貢献したのが、ソフトバンクグループが提供するYahoo!BB ADSLです。

2001年にNTTのフレッツADSLより早く提供を開始し、ブロードバンドサービスの魅力を多くの利用者に広めました。

そんなYahoo!BB ADSLですが、2019年2月28日に新規申し込みを終了しており、2024年3月末には完全に提供自体が終了されます

ソフトバンクが公表した終了予定のADSLプラン
  • Yahoo! BB ADSL
  • Yahoo! BB バリュープラン
  • SoftBank ブロードバンド ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ステッププラン
  • ホワイトBB

※2019年5月10日:ソフトバンク公式サイトより

サービス終了に伴い、ソフトバンクでは早めにソフトバンク光へのサービス切り替えを推奨しています。

ソフトバンク光は申し込み先によって、キャンペーン内容が異なります。
きちんと内容を確認せずに申し込むと何万円も損をする可能性もあるでしょう。

基本的にはオプション申し込みなしでもキャンペーンが適用される代理店がおすすめです。

例えばSoftbankの代理店として人気の高いエヌズカンパニーではオプション無しでも35,000円のキャッシュバックが受け取れます。

ソフトバンク光の詳細についてはこちらで解説しています。

【終了時期】アッカADSL編

アッカADSL終了時期

アッカADSLは、ソフトバンク(株)(※旧 アッカ・ネットワークス)のADSLサービスです。

もともと、イーアクセス(※現在のワイモバイル)の子会社として、旧 アッカ・ネットワークスが提供していたADSLサービスになりますが、現在ではすでにサービスの提供を終了しています。

  • @niftyADSL(アッカ)…2017年2月28日終了
  • ASAHIネットADSLアッカコース…2017年2月28日終了
  • OCN ADSL セット…2017年3月31日終了
  • So-net ADSL(ACCA)…2016年11月30日終了

アッカADSLは、各プロバイダが旧 アッカ・ネットワークスからADSL回線をレンタルをして、独自のADSLサービスとして提供していたサービスになります。

そのため、サービス終了時期もプロバイダによって異なりますが、おおよそ2017年2~3月頃に終了になったものが多いようです。

ADSLの解約方法について知りたい方は、別記事『ADSLから乗り換え!解約の注意点』を参考にしてみてください。

なぜADSLはサービス終了・廃止になるの?

※参考:NTT東日本公式ホームページ

ブロードバンドの発展に大きく貢献したADSLですが、なぜ終了・廃止になるのでしょうか。

これには、インターネット回線やサービスの発展と、今後の国が進める通信事業が大きく関係しています。

ADSL回線がサービス終了・廃止に追い込まれている理由についてまとめてみました。

理由1:速度の低下によるADSL利用者の減少

ADSLがサービス提供されたのは1999年です。

Yahoo!BB ADSLが先駆けとしてスタートし、それ以降イーアクセスADSL、アッカADSLやフレッツADSLが登場したことにより、ブロードバンドが大きく普及しました。

しかし、ブロードバンドの発展と同時に、配信されるインターネットサービスの質がどんどん高くなり、最大50MbpsほどのADSL回線では通信速度に支障が増え始めます。

特に、動画などデータ容量の大きいサービスでは、スムーズに使えないケースが多く、通信速度の速いネット回線が求められました。

新しいサービスとして光回線が登場したことにより、ADSL利用者はどんどん乗り換えを行ったため、当然、利用者は減少します。

ネット回線契約者数の推移
ADSLの利用者減少グラフ
…ADSL、…光回線
※参考:総務省 情報通信白書

このADSL利用者の激減がサービス終了・廃止となる1番の原因でしょう。

光回線など、ADSLよりも便利で快適なサービスが登場してしまったため、ニーズが無くなってきたことは確かです。

インターネットの速度の目安徹底ガイド!』でも解説していますが、現在は最大速度が大きいネット回線が選ばれる傾向にあります。

ADSL回線の利用者が減ってしまうのは、時代の流れと言えるのかもしれません。

理由2:【2025年】総務省・NTTによるアナログ回線廃止計画

近年、固定電話の利用者は激減しています。

固定電話の所有率は、20代が11.9%、30代でも50%を切っているという事実もあり、固定電話への需要が減っていることが感じられるでしょう。

そのなかで、総務省の方針により、NTTは電話網(PSTN)インターネットプロトコル網(IP)2025年までに移行する計画を進めています。

簡単に言い換えると、ずっと利用されてきた固定電話(アナログ回線)を、すべてIP電話(光回線)に切り替える!という計画です。

 

総務省固定電話網のIP網への円滑な移行について

参考:【総務省】固定電話網のIP網への円滑な移行について 

この計画の背景には、電話網(PSTN)の維持に必要な交換機の製造が終了したため、今後の維持が難しくなったという事情があるようです。

また、現在利用されている電話網(PSTN)の寿命は約10年と予想されています。

その寿命の目安となるのが2025年前後であり、期限を迎える前にIP(インターネットプロトコル)網への移行を目指しているのです。

つまり、電話網(PSTN)の廃止を進めるにあたって、電話網(PSTN)を使ったADSLも受付終了やサービス廃止をするしかありません。

ただ、2025年以降に電話網(PSTN)からIP網に切り替わっても、固定電話自体はそのまま使うことができます。

IP網の切り替えという話題に乗り、『固定電話が使えなる!』などと、ウソの情報で新規契約を勧める悪質な勧誘も増えているため十分注意が必要です。

あまりにもしつこい勧誘がくる場合は、国民生活センターなどへ相談しましょう。

ADSLの終了やサービス廃止は時代の流れですね…

ADSL終了後の乗換え先は?代替案を解説

ADSLの代替案は?乗換え先を解説

ADSL回線は、今すぐではないにしろ、この先継続して利用するのは難しくなります。

そのため、ADSL利用者は次に契約するネット回線を早めに検討して損はありません。

代替案として、ケーブルテレビ、光回線、WiMAXなどのモバイルWi-Fiという選択肢が考えられますが、ADSLと同じ固定インターネット回線で選ぶなら光回線がベストでしょう。

なぜ、ADSLの代替案が光回線?メリットは何?

光回線に乗換えるメリット


    • 通信速度がADSLよりも圧倒的に速い

    • 月額料金がADSLとほぼ変わらない

  • スマホのセット割が適用(※携帯キャリアによる)

ADSLから光回線に乗り換えるにあたって、1番のメリットは通信速度です。

ADSL回線の最大速度は、フレッツADSLやYahoo!BB ADSLなど、どんなADSLサービスでも50Mbps前後の最大速度しか出ません。

また、ADSLはNTTの基地局(交換局)と自宅の距離によって速度が低下するため、自宅が基地局から離れていた場合、通信速度はかなり落ちてしまいます。

そのため、最大50Mbps前後の契約であっても、実測値は平均10Mbps程度しかでないこともあるのです。

オンラインゲームなどの快適な通信速度の目安』でも解説していますが、近年利用者の多いオンラインゲームや高画質動画の視聴には100Mbps前後の実測値が理想的です。

つまり、通信速度重視でADSLからの乗り換え先を検討する場合、最大速度1Gbps2Gbpsを誇る光回線が有力候補になるでしょう。

NURO光

▲最大速度2GbpsのNURO光
速さ重視の方の乗換先として人気です

光回線はケーブルテレビ、WiMAXなどのモバイルWi-Fiと比べて、インターネットに接続する際、信号の損失がされにくい設備になっており、これが高速通信や安定した接続を可能にしている理由になります。

固定回線のなかでは、通信速度において光回線はNo1の信頼度を持っていると言えるでしょう。

インターネットのMbpsやGbpsなど、通信速度の単位については別記事『知っておくべきインターネットのスピード単位と知識』にて解説しています。

ADSLと光回線の料金比較!実は光回線が安い?

光回線はADSLより安い

『ADSLは光回線に比べて安い!』というイメージを持たれがちです。

現在、提供されている光回線の料金は、戸建て…5,000円前後、マンション…4,000前後に設定されています。

しかし、ADSLでも回線使用料プロバイダ料金など合計すると4~6,000円前後掛かってしまうので、料金においては光回線と変わりません。

(※ADSLでは戸建て・マンションの料金は共通です。)

むしろ、マンションなどの集合住宅であったり、契約内容によっては光回線の方が安く利用できる可能性さえあります。

また、契約する光回線と利用中のスマホ・携帯の組み合わせ次第では、お得なセット割引を適用することも出来るため、適用された場合は、さらに料金やコスパの面でお得になるでしょう。

簡単に乗換え先が見つかる?!自分にピッタリの光回線

ADSLからの乗り換え先として光回線はベストな乗り換え先です。

しかし、光回線と言ってもたくさんの種類があるため、『どのサービスがいいの?』と迷ってしまいがちです。

光回線を検討する場合、『キャンペーン』『通信速度』『料金&スマホ割』の3つのポイントが重要になり、どのポイントを重視するかで契約すべきサービスが決まります。

ここでは、それぞれ3つのポイントにおいておススメの光回線をまとめてみました。

【お得なキャンペーン重視!】高額キャッシュバックが欲しい

キャンペーンのお得度が高い光回線の窓口

『キャッシュバックがいっぱい貰えるところがいいな!』

ADSLの乗り換えを考えている方には、申し込み時の豪華なキャンペーン特典を楽しみする方も多いでしょう。

光回線の申し込み窓口にはキャッシュバックなどお得なキャンペーンを実施している窓口が多くあるため、好条件の窓口で申込みをしたいと思うのは当然です。

しかし、高額なキャンペーンを宣伝している窓口の中には、キャッシュバックを受け取るための条件が厳しかったり、宣伝しているキャッシュバック金額が貰えない悪質な窓口も存在します。

【危険】光回線キャンペーンの悪質なトラップ!?』でも解説している通り、『最大10万円還元』など高額過ぎるキャンペーンを宣伝している窓口は、トラブルになるケースが多いので気をつけなければなりません。

ここでは、主流の光回線でお得度が高く、評判の良いキャンペーン窓口をまとめてみました。

高額キャンペーン窓口一覧
回線
窓口
特典
 
auひかり
NEXT
ネット+電話:50,000円
ネットのみ:43,000円
詳細
NURO光
NURO光公式ページ
35,000円
詳細
ソフトバンク光
エヌズカンパニー
35,000円
詳細
ドコモ光
ドコモ光×So-net
15,000円
詳細

各光回線によってキャッシュバック金額の相場は違いますが、上記で紹介している窓口は、それぞれの光回線のキャンペーンでトップクラスのキャッシュバックを実施している窓口です。

また、どの窓口でも高額キャッシュバックを貰うための特別な条件はないため、安心感の大きい窓口と言えるでしょう。

各光回線で申し込み者が多いキャンペーン窓口です。

【ネットの速さ重視!】通信速度ならNURO光

通信速度重視の乗換え先はNURO光

『とにかく速度が速いところがいい!』

ADSL利用者の中には、ネットがなかなか繋がらなかったり、途中で切断してしまうなど、スピードの遅さや不安定な接続に悩まされていた方も多いはずです。

そのため、乗り換え先のネット回線に通信速度を求めるのであれば、通信速度の評判が高いNURO光がピッタリでしょう。

NURO光の通信速度は、世界最速とも言われており、最大速度は驚異の2Gbpsにもなります。

他社の光回線が最大1Gbpsで提供されているのに比較すると、理論上2倍の速度になるため、速度重視のユーザーにとっては絶好の光回線です。

もちろん、通信速度は環境や利用状況によって速度が上下するため、いつでも最大速度の2Gbpsが出るというわけではありません。

しかし、『NURO光の通信速度を徹底分析!』でも解説していますが、自宅で計測される実測値でも、NURO光はかなり高い数値が計測されることで話題になっています。

光回線大手3社 300人分の平均速度

NURO光スピードテスト

他社の光回線と比較しても、NURO光の実測値が圧倒的であることがわかります。

一般的に、簡単な検索やホームページなどの閲覧には、10Mbps程度の実測値があれば問題ないと言われています。

ただ、高画質動画の視聴やオンランゲームといったサービスでは、データ容量が大きいので、ADSLなどの実測値が低いネット回線ではスムーズにいきません。

その点、NURO光は実測値において平均501.9Mbps(ダウンロード)計測されているため、かなり快適な通信が期待できるでしょう。

NURO光おススメ窓口


  • キャンペーン
    35,000円キャッシュバック
    工事費無料 (実質)
    So-net 設定サポートサービス無料

  • 月額料金:4,743円

NURO光は、公式ページまたは代理店で申し込みが可能です。

ただ、代理店では有料オプションの申し込みが必須となり、月額料金が高くなってしまうことが多いため、窓口によってはトータル的に損をしてしまうこともあります。

そのため、NURO光は公式ページから申し込む方法が人気です。

NURO光公式ページでは、インターネットの申し込みだけで35,000円のキャッシュバックを安心して受け取ることができます。

また、オプションサービスの加入条件などないため、非常にお得なうえに、無条件で受け取れるキャッシュバックとしては、NURO光を取り扱う窓口の中でも最高レベルです。

何よりも、NURO光を提供しているSo-netと直接契約を交わせることもあり、安心感の大きさでも人気を得ているのでしょう。

なお、NURO光のお得で安全なキャンペーン窓口は、『【2019最新】お得なNURO光キャンペーン比較!』にて、公式ページ以外にも多数紹介しいるので、興味ある方の参考になれば幸いです。

NURO光は、関東・東海・関西・九州(福岡県、佐賀県の一部)でしか利用出来ません。

また、『NURO光の提供エリア注意!!マンションは提供状況OKでもダメなことも…』でも解説していますが、提供エリア内であっても住所によっては利用できない場合があります。

そのため、申し込み前には必ずエリア確認をすることをおススメします。

NURO光エリア確認ページ

【料金&スマホ割重視!】利用中の携帯キャリアから選ぶ

スマホセット割

光回線に乗り換える際、利用中のスマホ・携帯でサービスを選ぶのもの1つの方法です。

大手携帯キャリアでは、自宅のネット回線とスマホ・携帯をすべてまとめることでセット割引の適用が可能です。

割引額は、各携帯キャリアによって異なりますが、家族全員が同じ携帯キャリアを使っている場合は、すべて割引の対象になる場合があるため、通信費全体のコストダウンに繋がるでしょう。

ここでは、セット割が可能な大手帯キャリアの光回線とお得なキャンペーン窓口についてまとめました。

auひかり

auひかりキャッシュバックキャンペーン

auひかりの概要
戸建て 1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目:4,900円

マンション 3,800円~/月
auひかり電話 500円/月
工事費

625円×60ヶ月

(実質無料)

キャンペーン 最大50,000円キャッシュバック
代理店NEXTの場合)

auひかりは、KDDIが独自に提供している光回線になります。

最大速度は1Gbpsになるため、一般的な光回線と同じですが、独自のネットワーク網でインターネットを提供しているため、利用者が混雑する時間帯でもスムーズに繋がることで、通信速度の面でも人気です。

また、スマホ・携帯がauユーザーの場合、セット割『スマートバリュー』が適用されます。

auスマートバリュー
データプラン
開始から2年間
3年目以降
データ定額30GB
2,000円
934円
データ定額5/20GB
1,410円
934円
データ定額2/3GB
934円
934円
データ定額1GB
934円
500円
 

スマートバリューによる割引額は、スマホ・携帯のデータプランの容量によって変わりますが、1台あたり934~2,000円まで割引されるため、全てまとめることでランニングコストをかなり抑えられるでしょう。

また、auひかりと同じ住所で契約している端末であれば、最大10台まで割引が出来るため、auユーザーが多い家庭では通信費がかなり節約できます。

auひかりオススメ窓口


  • キャンペーン
    ネット+電話:50,000円キャッシュバック
    ネットのみ:43,000円キャッシュバック
    (※マンションタイプは上記から5,000円減額)
    または45,000円+高速無線ルーター
    (※マンションタイプは上記から5,000円減額)

  • 月額料金
    戸建て:4,900円~
    マンション:3,800円~

auひかりは、公式ページと代理店のどちらからでも申し込みが出来ます。

ただ、au公式ページではキャッシュバックなどのキャンペーンをまったく行っていないため、キャンペーンのお得感は

それほど高くはありません。

一方、auひかりの代理店は、多くの窓口で高額なキャッシュバックキャンペーンを実施しているため、『せっかく申し込むならお得な方がいい!』という方にうってつけです。

ただ、代理店によっては不要な有料オプションの契約が必要だったり、月額料金が高くなってしまうなど、不快なトラブルに巻き込まれてしまうケースも多くあります。

そのため、代理店からの申し込みは慎重に選ばなければいけません。

そのなかで、auひかり代理店NEXTは、厳しいキャンペーン条件などは一切なく、代理店トップクラスである最大50,000円のキャッシュバックが受け取れる人気の窓口です。

また、キャッシュバックは、最短1ヵ月後に受取りができるため、振込みの早さと信頼度の大きさが高い評価を得ています。

auひかりへ乗り換えを希望するADSL利用者には、非常におススメの窓口です。

なお、auひかりのお得なキャンペーン情報や注意点は別記事『auひかり高額キャンペーンの注意点』でも解説しています。

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光の概要
戸建て
5,200円~
マンション
15,000円~
ひかり電話
500円/月
工事費
無料
キャンペーン

最大20,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBの場合

NTTdocomoが提供する光コラボがドコモ光です。

光コラボって何?プロバイダと回線事業者の違い』でも解説していますが、光コラボはNTTが提供するフレッツ光の設備をそのまま使った光回線になります。

そのため、通信速度などはフレッツ光と同じですが、6,000円前後で提供されているフレッツ光よりも平均1,000円前後安く利用できるのが最大の魅力です。

さらに、ドコモ光の場合、利用中のスマホ・携帯がdocomoユーザーであればセット割が適用されます。

ドコモ光 セット割引
 
家族用プラン割引額
単身用プラン割引額
ドコモ光セット割
800~3,500円
100~1,600円
ずっとドコモ割プラス
900~2,500円
200~800円

セット割による割引額は、契約中のデータ通信プランによって変わり、データ容量の大きいプランほど割引額も大きくなるため、docomoユーザーには、おススメの乗り換え先です。

ドコモ光セット割引の割引額など詳しい情報については、『ドコモ光のセット割引はプラン次第で損する!?』で解説しています。

ドコモ光オススメ窓口

ランク1位

  • キャンペーン
    最大20,000円キャッシュバック
    dポイント最大20,000pt
    Wi-Fiルーター 0円

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:4,000円

GMOとくとくBBは、大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダです。

GMOとくとくBBはドコモ光のキャンペーンに最も力を入れており、キャッシュバックもドコモ光の中では最高レベルの金額を提供しています。

GMOとくとくBBでは、ドコモ光のネット申込みに加えてオプションを同時加入することでキャッシュバック金額が増えていく仕組みです。

適用条件 キャッシュバック
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)
18,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

DAZN for docomo
15,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 5,500円

DAZN for docomoなど、人気の映像サービスに加入することでキャッシュバックは増額し、最大で20,000円までキャッシュバック金額が跳ね上がります。

また、『ドコモ光×GMOとくとくBBが選ばれる理由』でも解説していますが、GMOとくとくBBのキャンペーンではv6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターの無料レンタルが可能です。

そのため、『速いWi-Fiが使いたい!』という方にもピッタリです。

GMOとくとくBBはWi-Fiルーター無料

無料にも関わらず、性能もハイレベルなルーターが用意されており、3種類のメーカーから好きなものを選ぶことも出来ます。

そもそもGMOとくとくBBは、通信速度100Mbpsを切らないという、速度保証を設けているほど通信速度に力を入れているプロバイダです。

速度重視のユーザーからも高い信頼を得ているGMOとくとくBBは、キャンペーンと通信速度の両方の面で、非常におススメのプロバイダと言えるでしょう。

ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンク光の概要
戸建て
5,200円
マンション
3,800円
ホワイト光電話
467円/月
工事費
実質無料
キャンペーン 35,000円キャッシュバック
エヌズカンパニーの場合

ソフトバンク光は、ドコモ光と同じくフレッツ光の設備を使った光コラボの1つです。

光コラボの中でも通信速度の評判が高いソフトバンク光は、、RBB SPEED AWARD(年1回、速い回線に贈られる賞)において、2015年と2016年の2年連続受賞の実績を持っているため、速度を気にするユーザーにも人気があります。

また、同じソフトバンクのサービスであるYahoo! BB ADSLの乗換え先としても注目されている光回線です。

ソフトバンク光では、『おうち割 光セット』というソフトバンクのスマホ・携帯とのセット割引も実施しており、割引額はデータ通信プランの容量によって1台あたり500~1,000円の割引が適用されます。

おうち割 光セット
50GB/20GB/5GB 1,000円
 2GB/1GB/3Gケータイ 500円

おうち割光セットは、auひかりが実施しているセット割引と同じく、ソフトバンク光と同じ住所で契約している端末であれば、最大10台まで割引が可能です。

ソフトバンクのスマホ・携帯を利用中のADSLユーザーに、非常におススメの光回線と言えるでしょう。

ソフトバンク光オススメ窓口


  • キャンペーン
    新規:35,000円キャッシュバック
    転用:15,000円キャッシュバック
    手続き不要
    最短翌々月振り込み

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:3,800円

ソフトバンク光を申し込むには、公式ページと代理店の2パターンから選べます。

ただ、公式ページではキャッシュバックなど直接的な特典がないため、キャンペーン内容としては、それほどお得とは言えません。

結果的に、キャンペーン内容で選ぶのであれば、代理店から申し込む方法がお得感は高くなるでしょう。

しかし、代理店のキャンペーンを探そうとした場合、ソフトバンク光の代理店は数が多いため、『どこがいいの?』と分からなくなってしまいます。

ソフトバンク光を代理店で申込むなら、申し込み者が多いエヌズカンパニーがおススメです。

エヌズカンパニーは、新規申し込みの場合35,000円、さらに転用の場合でも15,000円のキャッシュバックが受け取ることができ、ソフトバンク光代理店でも大人気の窓口です。

※転用については、『フレッツ光転用って大変?光コラボ転用の注意点』にて詳細を解説しています。

また、悪質な代理店に多い、余分な有料オプションへの加入といった、キャッシュバックに対する特別な条件もないため、キャンペーン内容が良心的な面でも高い信頼感を得ているのです。

ソフトバンク光の申し込み窓口に悩んだ際は、検討する価値の大きいキャンペーン窓口でしょう。

法人・個人事業主のインターネットはフレッツ光がおすすめ

法人向けフレッツ光

ADSL終了後、個人利用の場合、すでにご紹介したNURO光やauひかり、ソフトバンク光と言ったサービスがおすすめです。
ただ、このようなサービスは基本的に個人利用を想定しており、法人や個人事業主など、ビジネスを想定した場合、使い勝手が良くありません。

しかし、NTTのフレッツ光ネクストであれば、中小企業などにも特化したサービスを提供しているのが特徴です。

また、auひかりやNURO光のように提供エリアが限られておらず、全国的に利用できるのもメリットでしょう。

フレッツ光の特徴1:法人名義での契約ができる

光コラボなど各種プロバイダでは個人での利用のみを想定している場合があります。

法人の場合、会社名でインターネットの契約を行わないと経費への参入が難しいこともあるでしょう。

フレッツ光では、安易に法人名義で申し込みが可能です。
また、企業したばかりの会社で銀行口座をまだ作っていない場合でも、請求書にて現金で支払うこともできます。

フレッツ光の特徴2:ビジネスに特化した電話サービス

フレッツ光では便利な電話オプションが複数用意されています。
また、格安で電話番号を追加できるなど、コスト削減にもつながります。

格安で複数の電話番号が使える

ビジネスでは複数の電話回線が必要が場合があります。

通常、電話回線を引く際、NTTの加入電話が必要で、初期工事費として36,000円が必要です。
また、月額料金も個人用より割高で月額2,300円かかります。

しかし、フレッツ光で電話番号を2回線使いたい場合、光電話の基本料500円とオプション料金200円、電話番号追加の100円だけで毎月利用可能です。

サービス 月額料金
光電話 500円
ダブルチャンネル 200円
電話番号追加 100円

このようにフレッツ光の場合、月額800円で2回線分の電話を利用することができるので、大幅な経費削減につながるでしょう。

SOHO、小規模オフィスでは電話転送機能が便利

SOHOなど規模の小さい事業所では常に人が常駐しているとは限りません。
そのため、外出中に重要な電話が取れないこともあるでしょう。

フレッツ光の場合、外出中にかかってきた電話を自動的いに携帯電話などに転送してくれるサービスがあります。

また、特定の電話番号のみを転送するなど細かい転送設定も可能です。

フレッツ光はどこで申し込む?代理店の選び方

フレッツ光のメリットとして大きいのが、法人・個人事業主限定の高額キャッシュバックです。

通常、フレッツ光では個人向けのキャンペーンはほとんど行われていません。
しかし、法人・個人事業主で申し込みをすると30,000~40,000円と言った高額な金額を受け取る事ができます。

ただ、個人向けサービス同様、代理店によってキャッシュバック金額は異なります。
中には、複数のオプション申し込みが条件となっている事も多く、月額料金が高額になってしまうので注意が必要です。

また、代理店の中には間違った案内や強引な勧誘などでトラブルが起きる可能性もあります。
開通後、ビジネスに支障が出ないように信頼できる窓口を見極める必要があるでしょう。


フレッツ光 株式会社NEXT
  • キャンペーン:
    東日本:40,000円キャッシュバック
    西日本:45,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/7/1〜2019/7/31
  • 戸建てタイプ月額料金:
    東日本:0円+プロバイダ料金
    西日本:〜円+プロバイダ料金
  • マンションタイプ月額料金:
    東日本:0〜0円+プロバイダ料金
    西日本:〜円+プロバイダ料金

株式会社NEXTは法人、個人事業主、SOHO向けに高額キャッシュバックを実施しています。
東日本エリアで30,000円、ひかり電話Aも申し込みすると40,000円が受け取れます。

西日本では金額が増額され、フレッツ光単体では40,000円、ひかり電話A付きで45,000円です。

キャッシュバック金額だけでなく、丁重な案内や信頼性で人気を伸ばし、NTTから表彰状を授与されるほどの実績を残しています。

 


フレッツ光 アウンカンパニー
  • キャンペーン:
    東日本:40,000円キャッシュバック
    西日本:45,000円キャッシュバック
  • キャンペーン期間:2019/7/1〜2019/7/31
  • 戸建てタイプ月額料金:
    東日本:0円+プロバイダ料金
    西日本:〜円+プロバイダ料金
  • マンションタイプ月額料金:
    東日本:0〜0円+プロバイダ料金
    西日本:〜円+プロバイダ料金

NEXTと同じくアウンカンパニーでも全く同じ金額のキャッシュバックが受け取れます。
NEXTのようにNTTからの表彰実績はありませんが、キャッシュバックの面倒な手続きを簡略したり、オプション加入義務を無くすなどの対応で人気を伸ばしています。

キャンペーン内容が同じなので、NEXTでもアウンカンパニーでもどちらで申し込んでも大きな差はありません。

 

関連記事
インターネット契約のポイントとは?料金・速度・キャンペーンを比較 インターネットを契約する際、これまではプロバイダと回線事業者を契約する必要がありました。現在はどちらもセットになった光コラボなどのサービスが主流であり、重要となるのは...
知らないと怖いスマホテザリングとモバイルWi-Fiの違いを解説 外出先でパソコンなどでネットを使うには、スマホのテザリングとモバイルWi-Fiという2つの方法があります。どちらもWi-Fiで利用するという点では同じサービスに見えますが、テザリ...
NTTフレッツ光はキャンペーンが無い!?キャッシュバックを貰う方法は… フレッツ光は、これまでお得なキャンペーンを実施している窓口が多く、もっとも認知度を上げた光回線です。しかし、現在でキャッシュバックなどのキャンペーンは法人契約でしか存...
【マニア絶賛】オンラインゲームにおすすめ!ネット回線ランキング 近年、ゲームを楽しむ際オンラインでのプレイが主流のため、ネット回線の契約は必須です。しかし、速度の遅いネット回線を契約してしまうと、オンラインでのプレイ中にラグが起き...
光ファイバーなどインターネットを賃貸で契約する際の注意点まとめ 賃貸でインターネットを契約する際、光ファイバーなどの固定回線にするか、WiMAXなどのモバイルWi-Fiにするかで賃貸を選ぶポイントが変わります。また、光ファイバーを利用する場...