1. ホーム
  2. ドコモ光の契約・乗り換え準備
  3. ドコモ光のキャンペーン

ドコモ光でGMOとくとくBBが選ばれる5つの理由!キャンペーンの秘密

NTTグループであるdocomoが提供する光コラボが、ドコモ光です。

ドコモ光は、他社の光コラボと違い、プロバイダを20社以上の中から選択できるという特徴があります。

また、docomoユーザーであればスマホ・携帯とのセット割が適用されるため非常にお得に利用することが出来ます。

※ドコモ光セット割引の詳しい内容は『ドコモ光のスマホセット割引は注意!プラン次第では損する!?』を参考にしてください。

そんなドコモ光で大好評のプロバイダがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、ドコモ光が提携するプロバイダの中でも、他では行われていない、お得なキャンペーンなどの効果で人気を集めています。

このページでは、GMOとくとくBBのキャンペーン内容や人気の理由について解説します。

GMOとくとくBBってどんな会社?

大手プロバイダとして有名なGMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が提供しているサービスです。

GMOインターネット株式会社についてまとめてみました。

■会社概要

会社名
GMOインターネット株式会社

(英文表記:GMO Internet, Inc.)

代表
熊谷 正寿
所在地
東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

4~14階・総合受付11階

TEL
03-5456-2555(代表番号)
設立
1991年5月24日
従業員数
5,670名

※参考:GMOインターネット株式会社

GMOインターネット株式会社の事業内容は、インターネットインフラ事業、インターネット金融事業などの他に、仮想通貨事業も行っており、様々な事業を展開しています。

また、プロバイダ事業者として提供しているGMOとくとくBBでも、最近はテレビCMの影響で認知度も上がっている模様です。

ドコモ光×GMOとくとくBBが選ばれる5つの理由


  • キャンペーン
    最大20,000円キャッシュバック
    dポイント最大20,000pt
    Wi-Fiルーター 0円

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:4,000円

その1:ドコモ光ではレアなキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光と提携しているプロバイダは26社あります。

プロバイダによっては、申し込み特典としてキャンペーンを行っている窓口もありますが、GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は他社に比較して圧倒的です。

GMOとくとくBBのキャンペーンは、WEB限定で以下サービスの申し込みに応じたキャッシュバックが受取れます。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン
適用条件 キャッシュバック
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)

DAZN for docomo
20,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

ひかりTV for docomo(2年割)
18,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)

DAZN for docomo
15,000円
ドコモ光(2年定期契約プラン)のみ 5,500円

 

別記事『ドコモ光のキャンペーンや評判を調査』でも解説していますが、ドコモ光のキャンペーン実施されているキャッシュバックは15,000円前後が相場です。

そのため、GMOとくとくBBが実施しているキャンペーンは相場を上回っており、ドコモ光の申し込み窓口としては貴重なプロバイダと言えるでしょう。

また、新規での申し込みはもちろん、フレッツ光から簡単に光コラボへ変更できる転用でもキャッシュバックの対象になるので、現在フレッツ光利用中の方にもお得です。

※転用の方法などについては『光コラボのメリットと転用の怖い注意点』で詳しく解説しています。

ドコモ光公式からdポイントも貰える!

GMOとくとくBBの特典は、キャッシュバックだけではありません。

別記事『お得度120%ドコモ光キャンペーン』でも解説している通り、ドコモ光はどんな窓口から申込んでも、ドコモ光公式キャンペーンで実施されているdポイントキャンペーンが対象となります。

ドコモ光公式dポイントキャンペーン

  • 新規の場合…10,000ポイント
  • 転用の場合…5,000ポイント

dポイントは、1ポイント=1円に現金換算することが可能であり、コンビニ、デパート、飲食店、または携帯料金の支払いなどに利用できるため非常に便利です。

そのため、GMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンを申し込んだ場合は、キャッシュバック+dポイントプレゼントのダブルキャンペーンが受けられることになり、総額は最大30,000円相当まで跳ね上がります。

キャンペーン重視の方には非常におススメのプロバイダです。

ドコモ光×GMOとくとくBB WEB限定キャンペーン

その2:選べるWi-Fiルーター無料レンタル

現在のインターネット接続はWi-Fiが主流です。

パソコンより、スマホやタブレットなど持ち運び可能な端末の普及により、インターネットの利用にWi-Fiは欠かせないものとなっています。

Wi-Fiを利用するにはWi-Fiルーターが必要になりますが、一般的にプロバイダなどからレンタルした場合、月額500円前後のレンタル料が発生します。

しかし、GMOとくとくBBではキャンペーンの特典としてWi-Fiルーターを無料で貸し出しを行っているのです。

『無料品だとスペックが低いのでは…』と思われがちですが、スペックも最新の無線規格である11acに対応しているものが、BUFFALO製、NEC製、ELECOM製の3種類からメーカーも選べます。

通信速度に自信をもっているGMOとくとくBBだからこそ、Wi-Fiルーターへも意識が高い証拠といえるでしょう。

高スペックのWi-Fiルーターが無料で利用できる点も、GMOとくとくBBが人気の理由です。

その3:通信速度100Mbps以下ならポイントで補償

インターネットの通信速度は利用環境によって変化します。

例えば、最大1Gbpsの光ファイバーを契約しても1Gbpsが出ることはありません。

最大速度はあくまで理論上の数値になり、実際の速度は利用している機器や場所で大きく変わります。

そのため、通常インターネットを提供している回線事業者やプロバイダは、『ウチは○○Mbpsが出ます!』といった保証はしないものです。

ところが、GMOとくとくBBは通信業界では異例である実測値100Mbps以上という通信速度の保証を行っています。

また、GMOとくとくBBが指定する速度計測サイトで100Mbpsを下回った場合100円相当のGMOとくとくポイントをプレゼントしているほど通信速度に自信をもっているのです。

なお、インターネット速度が遅いと感じた際は、利用している機器やケーブルなどを交換することで改善されることがあります。

詳しくは、別記事『インターネット遅いのなんで?通信速度が低下する原因と解消法』を参考にしてみてください。

その4:通信制限なし!快適なネットが無制限・使い放題

インターネット速度の目安

ドコモ光は最大1Gbpsの光回線です。

光回線は、基本的に無制限・使い放題というメリットがあるため、スマホやモバイルWi-Fiのようにデータ通信量を気にする必要がありません。

また、プロバイダがGMOとくとくBBの場合、常時100Mbps以上の速度を保証しているため、安定した高速通信が利用できるでしょう。

なお、GMOとくとくBBではWi-Fiルーターが無料で利用でるため、自宅でスマホなどを利用する場合は全てWi-Fi接続にすることで大幅にスマホのデータ通信量を節約できます。

スマホのデータ通信量の節約については、『光回線の通信容量は無制限!?固定回線を使った通信制限の解消法とは?』でも紹介しています。

その5:ドコモ光×GMOとくとくBBでもセット割適用

ドコモ光を契約した場合、docomoユーザーはスマホ・携帯とのセット割が適用できます。

これは、プロバイダがGMOとくとくBBでも例外ではありません。

ドコモ光のセット割は2種類の割引が適用されます。

1つは、携帯・スマホのデータ通信プラン(パケット通信)が500~3,500円割引される『ドコモ光セット割』です。

これは、契約しているデータ通信プランの容量が大きいほど割引額も増えていく仕組みになっています。

もう1つは、4年以上ドコモスマホ・携帯を利用している方が対象となるずっとドコモ割プラス』『です。

ドコモの端末を、長く契約している方が対象となり、利用期間が最低4年以上から適用され、15年で割引額は上限を迎えます。

利用年数と利用プランによって割引額が変わり、割引額は200~2,500円までと、かなり幅があります。

利用年数が長く、データプランも容量が大きければ、それに比例して割引も大きくなる仕組みですが、2つの割引が適用される場合は非常にお得になるでしょう。

割引額の詳細は、『ドコモ光のスマホセット割引は注意!プラン次第では損する!?』で紹介しているので参考にしてください。

GMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーンなどが適用されるうえに、ドコモ光のメリットであるセット割も対象となるため、docomoユーザーには大変オススメのプロバイダです。

体験談|ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーン3つの注意点

上記5つが、ドコモ光のプロバイダとしてGMOとくとくBBが多くのユーザーに選ばれる理由です。

当サイトの管理人も、キャンペーン内容が素晴らしいため、実際にGMOとくとくBBに申し込んでみました。

ここでは、申し込んだ際にデメリットになる可能性がある部分を感じたため、注意事項として紹介します。

  • キャッシュバックの手続きの難易度が高い
  • プレゼントされるdポイントには有効期限がある
  • 無料のWi-Fiルーターは開通日からは利用できない

■キャッシュバックの手続きの難易度が高い

ドコモ光×GMOとくとくBBの最大の魅力であるキャッシュバックキャンペーンですが、手続きが少し複雑な印象を受けました。

まず、GMOとくとくBB申し込み後、2、3日ほどで指定したメールアドレスにキャッシュバックの案内メールが届きます。

案内メールには、キャッシュバックの手続きを行うためのURLが記載されており、そこからアクセスして手続きを行うのですが、すぐには手続きできません。

手続きをするには、ドコモ光工事の直前に届く書類が必要になります。

 

書類に記載されているIDなどの入力が必要になるため、申込み後すぐにメールは届きますが、実際に手続きが出来るまでは、かなりタイムラグがあるのです。

また、管理人の場合、転用での申し込みでしたが、工事までは1ヵ月ほど時間が掛かるという案内を受けました。

そのため、キャッシュバックの手続きも1ヵ月ほど掛かる計算です。

メールBOXの管理をあまりしていなかったり、細かい手続きを忘れてしまいがちな方には少し不安を感じてしまう部分ではあります。

キャッシュバックの案内メールは到着確認後、大切に保存するようにしましょう。

■プレゼントされるdポイントには有効期限がある

ドコモ光公式キャンペーンとして、申し込み者全員が対象となるdポイントプレゼントキャンペーンにも注意点が潜んでいました。

プレゼントされるdポイントには、6ヵ月間の有効期限がついているのです。

当然、期間内に使い切れなかったポイントに関しては無効になります。

dポイント自体の使い道はたくさんあるので、色々なお店などで消費できるますが、『うっかり使い忘れてた…』ということだけは避けなければいけません。

■無料のWi-Fiルーターは開通日からは利用できない

上記でも解説しましたが、GMOとくとくBBはWi-Fiルーターの無料レンタルを行っています。

ランニングコストも掛からず、高性能のWi-Fiルーターが利用できるため非常に魅力的なキャンペーンです。

ただし、Wi-Fiルーターはドコモ光×GMOとくとくBBの利用開始日から使うことはできません。

また、Wi-Fiルーターは自動的に郵送されるわけではないので、自分自身で申し込み手続きをする必要があります。

 

手続きの方法は、インターネット、または電話で行います。

■インターネットの場合

GMOとくとくBBの会員ページであるBBnaviからアクセスをして、『現在利用中のサービス』という項目からWi-Fiルーターの申し込みを行います。

■電話の場合

0570-045-109(平日10時~19時)にてオペレーターが担当します。

ドコモ光の工事完了と、Wi-Fiルーター申し込み手続きの2つをGMOとくとくBB側が確認後、Wi-Fiルーターが郵送される仕組みになります。

また、Wi-Fiルーターの到着は7営業日ほどになるそうです。

営業日=平日カウントになるため、土日を入れると10日ほどは掛かると考えておくべきです。

そのため、手続きはドコモ光の工事前になるべく済ませておくのがベストでしょう。

ただ、工事前に申し込み手続きを済ませていても、ドコモ光開通後10日間ほどはLANケーブルで利用する必要があります。

Wi-Fiルーター無料のキャンペーンではありますが、『すぐにWi-Fiルーターを利用できるわけではない』という部分は認識しておきましょう。

ドコモ光×GMOとくとくBBキャンペーンまとめ

ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンは、特典の受け取り手続きに複雑さを感じてしまいます。

ただ、キャンペーンの特典内容は他社に比較しても非常にお得な内容になっているため、手続きの方法や流れをしっかり把握できればプレミア感の高いキャンペーンになるでしょう。

また、docomoユーザーであれば、携帯とのセット割で月々のランニングコストも抑えられるため大変おススメです。


  • キャンペーン
    最大20,000円キャッシュバック
    dポイント最大20,000pt
    Wi-Fiルーター 0円

  • 月額料金
    戸建て:5,200円
    マンション:4,000円

関連記事
【2019】最新ドコモ光キャンペーン!お得度120%の窓口を一挙公開 ドコモ光のキャンペーンは、2種類のキャンペーンが適用されます。1つは、NTTdocomoが実施する公式キャンペーンですが、もう1つはプロバイダが実施するキャンペーンです。公式キャ...