NURO光の工事一覧

NURO光はエリアOKでも油断するな!完全に工事ができないケースを公開

NURO光の提供エリアは元々狭く、工事可能なのは関東・東海・関西のみです。提供エリアであっても利用できない住所もあるため、申し込み前に必ずエリア確認が必要ですが、エリア確認でOKだった場合でも工事が出来ないこともあります。このページでは、提供エリアであってもNURO光の工事が出来ないケースについて解説します。

【NURO光】2回目の工事が遅いのなんで?工事を早める裏技がある!?

NURO光は一般的な光回線と工事の工程が違い、開通するには2回の工事が必要となります。2回の工事において特に2回目の工事は遅れてしまう傾向にあり、利用者からも工事が遅いと不満の声が上がっているようです。このページでは、NURO光の2回目の工事が遅れてしまう原因と2回必要となる工事を1回で済ませることが可能な裏技について解説します。

4万円は高すぎでしょ!?NURO光の高額な工事費を無料にする方法教えます

NURO光を利用する場合、[fee nuro 1]円の工事費が発生します。この工事費は一般的な光回線の工事費に比較しても割高の費用となっており、ユーザー側で全額負担するにはかなり大きい金額です。また、工事当日に穴あけ工事やNURO光でんわの同時工事など、他の作業が必要な場合は別途工事費が発生してしまいます。このページでは、高額なNURO光の工事費をキャンペーンを使った回避方法を解説します。

【NURO光】マンションなどの賃貸で大家さんに工事許可を貰う裏技

NURO光を賃貸で利用する場合、建物の所有者から光ファイバー導入工事の許可を貰わなくてはなりません。NURO光の工事は、他社の光回線に比べて2回工事を行う特殊な内容になり、大家さんなどに許可を貰う際はトラブルにならないよう注意が必要です。このページでは、賃貸でNURO光の導入工事をする際に、大家さんなどから許可を得られやすくするポイントについて解説します。

NURO光は工事なしで使える!?工事不要の特殊なケースを公開!

NURO光に限らず、インターネットの開通工事は非常に面倒な工程です。出来ることなら開通工事が不要でネットが使えたら、非常に便利でしょう。NURO光は基本的に戸建て、マンションに関わらず工事が必要がです。しかし、ある条件を満たした場合、工事不要で利用スタートできるケースがあります。このページでは、NURO光の工事内容と、工事不要で利用できる特殊なケースについて解説します。

穴あけ必要ってホント!?NURO光の2回やる工事について詳しく解説

NURO光の開通工事は2回行われます。これは、NURO光を提供しているSo-netと、回線設備の所有者であるNTTの2社が別で工事を行うからです。また、戸建てタイプの場合、穴あけ工事も必要になるため、NURO光の工事は他社に比較して、かなり特殊と言えるでしょう。このページでは、NURO光で2回行われる工事の内容と、穴あけ工事の詳細について解説します。

NURO光2つのマンションプランは何が違う?特殊な工事や条件を解説

NURO光のマンションタイプにはマンションミニ、NURO光forマンションという2つのプランが存在します。それぞれ、利用条件や工事内容が違うため、マンションでNURO光を利用する場合はあらかじめ2つのプランの違いについて把握しておくのがベストです。このページでは、NURO光の2つのマンションプランの特徴について解説します。